手作りのアイデア

制作卒園アルバム制作を手作りで行う場合ですが、ここではいくつかアイデアをご紹介したいと思います。まず、可愛らしい装飾を施したいのなら切り絵折り紙を使うという手があります。折り紙を可愛い形に切って貼り付けたり、台紙の上にいろいろな模様の切り絵を配置するだけでポップな印象になります。

地味すぎるよりはカラフルで派手にしたほうが卒園アルバムらしくなりますが、このあたりは有志で相談する必要もあるでしょう。また、子どもが描いた絵を使うのも良いですし、子どもが描いた先生の似顔絵などもいいかもしれません。

ほとんどの保育園や幼稚園ではクラスごとに色が決まっていることがあります。ピンクやイエロー、レッドといった具合にクラスカラーが決まっていることもありますから、こうした色を積極的に取り入れるのも良いでしょう。行事なども色分けしていくと制作しやすいですし、後から見るときも見やすいのではないでしょうか。また、パソコンで探せば卒園アルバム制作に役立ちそうなイラストやテンプレートなどもたくさん見つけられますし、無料で配布している素材も多いです。こうしたものを活用していくのもおススメですから、ぜひ制作の参考にしてください。

デザインやテーマ

卒園アルバム卒園アルバムはただ子供たちの写真を張り付けてお終いではありません。そのような卒園アルバムももしかするとあるかもしれませんが、やはり保育園や幼稚園で過ごした日々を後から思い起こせるような卒園アルバムにするのが基本です。

そのため、卒園アルバム制作が決まり予算や期間について定めたあとはデザインやテーマを具体的に決めていくことになります。園によってはあらかじめアルバムの形態が決まっていることもありますから事前に確認しておきましょう。ママたちで手作りするのならページ数やデザイン、どのようなテーマで制作するかを決めていきます。

アルバムの大きさというのも大切なポイントですね。あまり大きくしすぎてしまうと保管するのに大変ですし、できればあまり大きすぎず小さすぎずくらいのサイズがおススメです。また、アルバムの形態もいろいろありますし、スクラップブックのようなものからクリアファイルに納めるもの、画用紙などを使って本のようにする、写真だけでフォトブックにするといった方法があります。

どれがおススメかは一概に言えませんが、クオリティにこだわるのならフォトブックでしょうか。こうしたフォトブックは手作業ではなくても、ネットワークプリントなどを使って簡単に作成することも出来ます。手作業とは違って費用はかかってきますが、簡単にクオリティの高い卒園アルバムを作成することができますので、最近では人気があるようです。


参考・・・卒園アルバム作成 ポイント